借金問題の知識と相続のお話。

債務相続のトラブルと注意事項!相続した借金を返済しなかったらどうなる?

債務の相続や遺産相続の解説は、こちらのページ
借金まで相続?!財産の相続と債務の遺産相続。で解説しています。

債務の相続では、注意する事もあります。
例えば、こんなケースがよく起きています。


(例)父親が死亡し、ビル1棟(時価1億円)、預金2000万円、銀行への債務8000万円。
話し合いにより、長女がビル1棟(時価1億円)と債務8000万円の返済義務を相続、
母親が預金2000万円を相続しました。

相続した後に、長女が銀行に債務の返済をしておらず、
銀行から母親に4000万円の支払いを求める通知がきてしまいました。


この場合、債務の返済義務は長女のはずですが、母親に支払い請求がきたのはどうしてでしょうか?
また、この母親は債務の返済義務はあるんでしょうか。


そもそも、死亡した被相続人の相続が開始すると同時に、遺産の分配協議が行われたりしますが、
遺産分割協議が成立していなくてもそれぞれ相続人への債務の負担を分担されてしまいます。

このケースのように、相続人の間で「自分が債務返済義務を全て負う」などのように、
誰がどれだけの債務を分担するかを決定したとしても、それはその相続人同士の間だけで有効なだけであって、
死亡した被相続人にお金を貸し付けた銀行・闇金などの金融機関の債権者には、
関係のない事なんです。


つまり、債務をどのように誰が負担するかを相続人で協議したところで、
お金を貸した側にはその協議内容が反映されることはありません。

phm11_0260-s (1).jpg


●なぜ、債権者には協議内容が通用しないのか?

例えば、もし仮に相続人の間だけで誰が債務を負担するかなどを自由に決定出来るとしたら、
返済能力のない相続人に借金の返済義務をするよう決定された場合、
お金を貸した側(債権者)は借金の回収が難しくなり、
債権者にとってかなりデメリットな状況になってしまうからです。

これを防ぐために、債権者は遺産を相続した全ての人に返済を要求する事ができるんです。

したがって、先ほどのケースのように相続人同士で負債の返済について決定していたとしても、
母親には銀行への返済義務があるという事になります。


●では、相続人同士での協議結果を債権者にも反映するにはどうしたらいいか?

先ほどのケースで言う長女が、ビルを相続する代わりに債務を全て負担するという結論になった事を、
この場合の債権者である銀行に対して、「免責的債務引受契約」をしておく事で、
相続人の間で決定した内容そのものを、債権者側にも反映させる事ができます。


●よくある!生前には発覚しなかった借金

「まさか、うちの親(子供)に限って借金なんてないだろう。」と思っていたものの、
家族が死亡していろいろ整理していくうちに、残されたのは遺産だけではなかった!と、
死後に借金がある事が発覚したなんてケースは、かなり多いです。

というのも、例えば父親が死亡した後に父親宛に、金融機関から借金返済の催促状が届いて、
そこで初めて借金が発覚した・・・など。


このように、後から発覚した債務であろうが始めから把握していた債務であろうが、
「親が作った借金は自分には関係ない!」と、相続した借金を返済しなかったらどうなるんでしょうか。


●もし、相続した借金を払わなかったらどうなるのか?

もしも、相続した借金を支払わないで放置すると、当然ながらphm06_0099-s.jpg
利子はどんどん溜まっていき、返済しなければいけない借金が
増えていくだけという事になります。


つまり相続した借金だとしても、自分が借金をしたのと同じように、
利子や返済の義務は発生しているという事です。

相続した債務は知らん顔して放置しておくと、どんどん借金の金額が
膨れ上がるだけなのでおすすめしません。

もちろん、相続破棄をしたのであれば、借金は返済する義務がなくなります。

相続破棄に関して注意事項(メリット・デメリット面も)については、
こちらのページ借金まで相続?!財産の相続と債務の遺産相続。
どうぞ。


しかし、債務の相続や返済には注意する事もあります。


●債務の相続、返済について注意する事とは

債務の相続や返済のときに必ず注意してほしいのが、
「その債務が本当に返済しなければならないものなのか?」という事です。

最近よくあるのが、ありもしない嘘の借金を相続人に返済させるために、
法律事務所や税務署などを語り、はがきなどを送りつけてくるケースです。

「すぐに借金の返済をしないと訴える」などと、返済を急がせるような文面が届いたからと言って、
むやみに返済してしまうのではなく、本当に借金した事が事実なのかを確かめた方がいいと思います。


借金の事実の有無、借金をしていた事が事実であった場合の対処、
事項についてや過払い金があるか、証明出来るものがあるのかなど、
専門的な知識が必要になります。


まずは法律事務所に相談して、正しい知識とアドバイスを受ける事が大切ですね。


債務に関して弁護士に相談するメリットについてはこちらの
借金問題/債務整理を弁護士・司法書士に相談するメリットページへどうぞ。


<<前の記事「借金まで相続?!財産の相続と債務の遺産相続。」へ
>>次の記事「借金が返せない...どうしたらいい?「債務整理」任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産のメリット&デメリット!」へ


●関連記事
なぜ多重債務者になってしまうのか?ブラックリストは消せる?消滅時効とは!
過払い金請求とは?メリット・デメリット、家族にバレるのか?
借金にも時効が?「消滅時効」の期間と手続き