多額の借金!「債務整理」について

過払い金請求とは?メリット・デメリット、家族にバレるのか?

そもそも、日本では利息制限法など債務に関する法律がいくつかあります。

長期間に渡り借金の返済をしている場合などでは、
金融業者にお金を返しすぎている可能性があります。

法律で決められている利息と、返しすぎた利息分のお金は、
払ってしまった今からでも取り戻すことが出来ます。

この、払いすぎてしまったお金のことを「過払い金」といいます。

oim004-s.jpgのサムネイル画像


利息制限法とは10万円で20%、100万円未満で18%、
100万円以上では15%と、利率の上限が決められているものです。


「何年もずっと借金の返済をし続けているけど、なかなか減らない!」という人は、
もしかしたら借金の返済額が減るだけではなく、この過払い金のように返しすぎた分のお金が
戻ってくるかもしれないということです。

自己破産などとは異なり、過払い金請求の場合は自分の財産を手放す必要がないので、
安心して過払い金請求が行えます。


また、過払い金請求をしても「破産者名簿」や「官報」に名前が載ることもありませんし、
資格制限のある職業にも支障ありません。

もちろん、過払い金請求をしたことが会社にバレてしまう心配もありません。


●過払い金はどこで請求するのか?

過払い金請求は、もちろん自分でも行うことが出来ますが、
一般的には法律事務所などで弁護士や司法書士に依頼して行います。

弁護士でも司法書士でも過払い金請求は行えますが、裁判などになった場合には
司法書士には140万円を超える事件は処理することが出来ません。


このため、司法書士に依頼していて後々裁判になった場合には、
弁護士に依頼し直す必要がありますので、はじめから弁護士に依頼するほうがいいと思います。

ではここから、過払い金請求のメリットとデメリットを、
弁護士に依頼した場合も併せてお話していきます。


●過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求の一番のメリットともいえるのが、過払い金請求を弁護士に依頼した時点で、
借金の取立てがストップするという点です。

過払い金請求をして、返済のために金融業者と取引することもなくなり、
払いすぎていたお金は戻ってきます。


また、弁護士に過払い金請求の手続きの依頼をするのにも、当然ですが弁護士費用がかかります。
これをデメリットと思うかも知れませんが、たいていの場合は過払い金が戻ってきた分で
弁護士費用をまかなうことが出来るそうです。

借金を完済している場合でも、過去の借金の過払い金請求が出来ます。


ですが、過払い金請求にも時候があり、契約終了から10年が経過すると、
過払い金請求の手続きが出来なくなりますので、過払い金請求を行うか考えている人は、
早めに弁護士に依頼したほうがいいです。

phm11_0016-s.jpg


●過払い金請求の流れ

過払い金請求の流れとしては、はじめに弁護士に相談にいきます。
弁護士に相談にいく前に、借金をしている業者の連絡先や住所、借金の額、
いつから借り入れをしているかなどをまとめておくと、相談がスムーズに進みます。

さらに、金融業者からの請求書(最近のもの)や、サラ金のカード、クレジットカード、
現在の収入がわかるものなどを用意しておきましょう。


弁護士に相談に行くと、次に弁護士が受任したことを知らせる「受任通知」を金融業者に送ります。
これにより、先ほど書いたように借金の取立てがストップすることになります。

そして、債権者は一定期間内に「取引明細」を開示することになります。
この取引明細とは、借金の借り入れと返済の日時や金額を細かく記したものです。


その取引明細から、弁護士が引き直し計算をして、過払い金請求・返還金の交渉を弁護士がします。
債権者と返還の金額・時期などを和解すると、債権者との間で和解条約(合意書)を締結します。

弁護士は、合意した返還日までに返還されるかどうか、最後までしっかりとサポートしてくれます。


過払い金請求を自分で行わないで、弁護士に依頼するメリットは、
この請求の流れの中にもあるんです。

例えば、過払い金請求のために取引明細の開示を求めても、債権者が応じなかった場合や
過払い金の返還を行わなかった場合には、裁判所にて訴訟を起こすことになります。

訴訟に発展した場合でも、弁護士がついていてくれれば安心して手続きをすることができますよね。


●過払い金請求をしたことが家族にはバレたくないなら?

過払い金請求をしたことを、家族には絶対に知られたくないなら、
自分で過払い金請求の手続きをするのはおすすめできません。

先ほど、過払い金請求は自分でも出来ると書きましたが、
実は自分で過払い金請求をすると、家族にバレてしまう可能性が高いんです。

なぜなら、過払い金請求の手続きの中で、債権者からの取引明細は自宅に郵送されますし、
裁判となった場合には裁判所から自宅に連絡が入ります。


自分で過払い金請求の手続きを行った場合、全て自宅へ郵送物や連絡がいってしまうということです。

同居していない家族にはバレることはありませんが、同居している家族には間違いなく
借金があった事実や過払い金請求をしたことは知られてしまいます。

phm06_0051-s.jpg


ですが、過払い金請求を自分で行わないで、弁護士(司法書士)に依頼するのであれば、
家族に知られる可能性は極めて低くなります。

どうしてかというと、弁護士に依頼して過払い金請求を行った場合には、
手続きに関する全てのやり取りは弁護士を通すこととなりますので、
自宅に債権者や裁判所からの郵便物や電話はないと思います。


過去の借金を家族に内緒にしていた人や、過払い金請求を行うことを家族に知られたくない人も、
自分で行うよりは弁護士や司法書士の人に依頼したほうがメリットは多いですね。


過払い金請求に関してだけではなく、債務整理など借金問題全般の問題においても、
弁護士や司法書士に依頼するメリットやデメリットがいくつかあります。
詳しくは、こちらのページを参考にしてください。↓
借金問題/債務整理を弁護士・司法書士に相談するメリット


<<前の記事「借金が返せない...どうしたらいい?「債務整理」任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産のメリット&デメリット!」へ
                  >>次の記事「借金問題/債務整理を弁護士・司法書士に相談するメリット」へ


●関連記事
闇金からの取り立て方法や対処方法!会社・自宅にまで電話が・・・
借金にも時効が?「消滅時効」の期間と手続き
借金にも時効が?「消滅時効」の期間と手続き