多額の借金!「債務整理」について

借金問題/債務整理を弁護士・司法書士に相談するメリット

借金問題を、弁護士や司法書士に相談・依頼するメリットとはなんでしょうか。

そもそもお金に困り借金をして、ただでさえ毎月の借金返済に苦労しているのに、
弁護士や司法書士に依頼することで、さらに出費が増えてしまいますよね。

それなのに今、膨れ上がった借金問題や過去の借金の過払い金について、
弁護士や司法書士に相談する人が急増しているのは、なぜでしょうか。


●借金問題は、身近で誰にでも起こること

借金の始まりなんて本当にささいなことが始まりで、出費が重なって「今月の家賃どうしよう」とか、
パチンコで「あと少しで勝てそうなのに」なんて思い、
「消費者金融で、ちょっと借りるだけだから」と、軽い気持ちで少しお金を借りたことが
キッカケだったりします。

若いときにほんの軽い気持ちで借金したことが、返せなくなって
いつの日か利息を返すだけでも精一杯になり、借金が雪だるま式に膨れ上がってしまうケースだって、
珍しくありません。

お金がないんじゃ生活費だって困りますし、生きていくためには仕方の無い借金だった
という人も少なくないはずです。
なぜ多重債務者になってしまうのか?ブラックリストは消せる?時効はあるのか!

phm23_0223-s.jpg


借金が膨れ上がり、手も足も出ない状況になってまで、借金問題解決のための債務整理に、
またお金がかかってしまっては困る!と思ってしまうのも、確かによくわかります。

このページでは、これ以上損しないための「弁護士や司法書士に依頼するメリット」をお話しています。


債務整理をする上でどうしても必要になるのが、時間と法律的な知識です。

当たり前のことですが、ある程度法律の知識も必要ですし、一例ですと払いすぎたお金
つまり「過払い金」を請求したいと思っても、引き直し計算を自分で行わなければなりませんし。

債務整理にかける時間は必要になりますし、ある程度の知識がないと何も始まりません。


裁判所への手続きが必要な債務整理、必要ない債務整理など、どんな債務整理でも
忙しい人でも弁護士や司法書士に依頼することで全ての手続きをサポートしてくれるので、
面倒なことはありませんね。


●自分に最適な債務整理かどうか?

基本的に、債務整理といってもその方法はいくつかありますよね。


例えば「任意整理」に「民事再生」、「自己破産」など、それぞれにもちろんメリットと
デメリットが存在しますが、どの債務整理が自分にとって一番適しているのかの
判断も大切になってきます。

また、債務整理とは何か?その種類についてはこちらのページで解説しています。
借金が返せない...どうしたらいい?「債務整理」任意整理・民事再生(個人再生)・自己破産のメリット&デメリット!


弁護士や司法書士に相談していれば、個人個人のケースに合わせて、
どの債務整理が最適かを判断し、その人に合った債務整理の方法で手続きしてもらえます。

「財産は手放したくないけど、借金は減らしたい」、
「財産がなくなってもいいから、借金を帳消しにしたい」、「会社や家族にバレない債務整理がいい!」など、
借金の悩みは本当に人それぞれなんです。

この、それぞれに最適な債務整理を判断してもらえるのも、弁護士や司法書士に相談するメリットと言えます。


●債権者も、弁護士には弱気?

弱気というとちょっとおかしな言葉かもしれませんが、例えば過払い金請求などで、
これまでの借金の借り入れや返済に関しての「取引明細(取引履歴)」を、
債権者に開示してもらう必要があります。

この場合どの金融業者もそう、といっているわけではないんですが、
金融業者の中にはこの取引明細の開示に応じない業者もいます。

そんな姿勢をとられると、私たち債務者にはどうしたらいいのかわかりませんよね。


弁護士に依頼していれば、取引明細の開示に応じない金融業者であろうが、
訴訟に持ち込むこともできますし、弁護士がついているだけでスムーズに手続きが進むとも言えます。

弁護士は、債務整理をする上で心強い味方なんです。


債務整理は、弁護士にも司法書士にも依頼できますが、
司法書士に依頼するには少しデメリットが目立つように思います。
これに関しては、こちらのページ過払い金請求とは?メリット・デメリット、家族にバレるのか?
参考にしてください。


●自分で行う債務整理とは、結果が違う

債務整理は基本的には自分で出来るものもありますが、弁護士に依頼した場合とどれほど違うのでしょうか?
それは、"交渉の結果の違い"でもわかります。

確かに自分でも債権者に交渉できる「任意整理」でも、弁護士が交渉した場合の「任意整理」とは、
結果に違いが出るのは当然のことですよね。


ただ単に任意整理といっても、弁護士の交渉力は私たち素人の交渉力とは比べ物にならないはずです。

phm11_0040-s (2).jpgのサムネイル画像


●依頼した時点で、借金問題が半分解決?!

そして最後に、弁護士や司法書士に相談することで、
借金問題から開放されるというのも、メリットの1つです。

どういうことかというと、私たちが債務整理を弁護士や司法書士に相談した時点で、
借金の取立てがストップするんです。


債務整理を依頼した時点でもう取立てがストップするというのは、
これまでの取り立てのストレスから開放されますし、
依頼した時点で債権者(金融業者)は手が出せないということですね。

取り立てがストップし、弁護士の交渉により和解が成立するまで、
全ての手続きや債権者との交渉は弁護士が行ってくれます。



いかがでしたか?
債務整理を弁護士や司法書士に依頼するメリットは理解できましたか?

少しでも借金問題に悩んでいて、債務整理をしたいと思っているのであれば、
早めに弁護士や司法書士に依頼したほうがいいですよ。

過払い金などには請求の時効がありますし、少しでも早い相談が、
借金問題から開放される糸口になるはずです。


<<前の記事「過払い金請求とは?メリット・デメリット、家族にバレるのか?」へ
             >>次の記事「闇金からの取り立て方法や対処方法!会社・自宅にまで電話が・・・」へ


●関連記事
借金にも時効が?「消滅時効」の期間と手続き
アイフルで借金。電話催促を放置するとどうなる?
債務相続のトラブルと注意事項!相続した借金を返済しなかったらどうなる?